TAKE THAT の話題と UK ROCK(美形限定)、 時々映画など

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Robbie が悩むだろうって?
The SunRobbieが(かつて一緒に音楽を作り彼を大スターに押し上げた)Guy Chambersを首にした・・・というニュースが載っていました。(画像クリックで元ネタページが開きます)

sun6Feb.jpg

なんでかっていうと、
GuyGaryといっしょに仕事をする事がわかったから・・・
しかも、Markも加わっているらしい・・・」 という内容。


この仕事っていうのは、1月11日のブログに書いた、ミュージカル番組(素人参加のリアリティ番組みたい)のことらしい。
この3人の他、総勢12人の楽曲が使用されるようです。(この記事によると)

でも、このいわゆる大衆紙って、誰かを悪者にしないと気が済まないって書き方だよね。
で、Robbieは最近、けっこう叩かれてる。ヒゲも散々な言われようだし。
常に再結成が成功したTake Thatと比較されているし。
でも、Robbieが波に乗っていてGaryが脱落したときは攻撃の対象はGaryだった。

で、Guardianはたまにそう言う記事に対して「?」なコメント的な記事を書く。
今回もこのThe Sunの記事に対して苦言を呈している。
右Guardianの記事へ

Guardianは主に知識階級の人が愛読しているので、文章が難しいのが難点だなぁ。
私は英語学習だと思って毎朝なるべく海外の新聞を(といっても英ばかり)読むようにしているけど、Guardianは単語も表現も難しい・・・

ちなみに今回の記事の中でThe Sun
"It sounds like exactly the sort of thing Robbie should be doing."
(Robbieがやった方が良いようなたぐいの事じゃないか)
と、書いていることに対して
“In the News wonders, though,whether given a straight choice between busking through a 12 weeks of light entertainment in the company of a choreographer or growing a scraggy beard, we might not choose the latter too.”
コレ、難しいよ・・・この表現・・・(Somebody Help Me!)
(直訳:しかしこのニュースでは、振り付け師の会社で12週間通して明るいエンターテイメントを演じる事と、不揃いのヒゲを伸ばす事、率直に選択させているかどうか疑問だ、我々だって後者は選ばないだろう・・・)

日本語力のなさを痛感しますね・・・自分・・・



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

私は英文を読むとき、直感を信じて読むか翻訳ソフトに頼ったりしています。
だから多分、勘違いって多いと思っています。

実際、だみあんさんはすごいなーと思っています。

去年、友人へのお祝いにアメリカから購入した際、配送業者やら配達人やら販売元やらすべてたらい回されてきゃーって事になりました。

最後の配達人がネックでしたよ。

結局無事に届いたので良かったですが。
ゆっこりん | URL | 2008/02/07/Thu 13:01[EDIT]
ゆっこりんさん、こんばんは!
無事届いて本当に良かったですね~。
私もいつも心配になります、海外の物を買う時って。

それに直感って大切ですよね!実際、それがないと会話できないし。
会話ではいちいち翻訳しないですもんね。
でも、言葉って生き物だし、その国の文化や歴史がわかっていないと解釈できないことも多いので、本当に難しいですね。
一生勉強できてある意味幸せ? かもね。

上記の文で、12weeksの前に a がありますよね、それが目下の悩みの種なんですよ・・・
この a は何にかかっているのだろうって・・・
次回の英会話のレッスンで訊いてみようと思っています。
だみあん | URL | 2008/02/07/Thu 23:09[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Let's 現実逃避. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。