TAKE THAT の話題と UK ROCK(美形限定)、 時々映画など

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと、言いたいことがあるんです・・・
the arctic monkeys

The Arctic Monkeys がNMEアウォードで7部門ノミネートされました。

彼らはBrit’sで、Take Thatと争うわけですが・・・
(NMEはロック専門なので、TTはジャンル違いです)

確かに、Arctic Monkeysは輝く才能があると思う。
1stアルバムは正直、驚いた。
でも、前回のBrit’sでの、彼らのTake Thatを侮辱した表現は許せない!

今年のBrit’sの会場には来ないのではないかと、一部の記事に書かれていた。
TTを侮辱したので、同じ会場内でのバトルを避けるのではないかと、憶測されている。

私は日本人だからかもしれないが、あまりビッグマウスは好きじゃない。
The Enemyのトムもかなりハッキリ物事を言うが、彼の場合はビッグマウスというより、“辛口”だ。
好きだ、嫌いだをハッキリさせるのは構わない。
でも、嫌いだからと言って、侮辱するのは許せない。
誰もが、リアム・ギャラガーになる必用はない。
oasis.jpg
あいつのアホは天然だと思うし、あれが“ロックスター”だと思ってる人もいるだろうが、
侮辱されて嬉しい人間なんていないよ。
私には教育のなさと人間性の稚拙さを暴露しているようにしか思えない。
U2のボノは“ロックスター”だと思うけどね。

だからこの“北極サル達”も、幼かったといえばそれまでだが、幼くたって言わないやつは言わない。
Rock野郎の多くはPOPミュージックに対して嫌悪しているし、ましてやボーイバンドなんて吐き気がするんだろう。
だったら、無視してりゃいいんだよ。余計なことまで言うな!

確かに、そう思う部分もある、POPミュージックの世界には。
何故、私がLeona Lewisを好きになれないのか。
あの声、あの歌唱力、あの表現力、あれだけの才能がありながら、ど~してオーディション番組なんかで出てくるんだよ・・・
もっとアーティストとして歩むべき道を歩んで出てきて欲しかったとは思う。
POPの世界にはびこる商業主義の大優先。アーティストはただの商品。
Rockファンにはそれが許せないってのはわかります。
地道な活動と実力でのしあがっていく世界だからね。

でも、なぜ、TAKE THATの「Beautifil World」が、200万枚以上も売れたのか?
しかも1年半くらい、売れ続けてるっていう事はどういうことなのか。(いまだに6位)
ファンの『女の子』だけで上がる数字なわけないじゃないか!
多くの人が望んだサウンドだってことだよ。
それは認めざるを得ないと思うよ、北極サル君。

The Enemy のトムがXFMのインタビューで“北極サル達”のセカンドアルバムについて答えてる。
http://www.digitalspy.co.uk/music/a88258/the-enemy-blast-dull-arctics-album.html

曰くはともあれ、最後に言ったトムのこのセリフが今の私には気持ちいい。
"They'll probably win it because they win everything and they're nominated for everything, but whether they deserve to win it is another thing."
「多分彼らは賞を取るよ、全てにノミネートされて全てを取るさ。
でも、賞を取る価値があるかどうか、それは別問題だね」

頼むから今年は余計なこと言わないでくれ、北極サル達。
(っつ~か、二度とTAKE THATを侮辱するのは許せない!)


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

同感です
だみあんさん、はじめまして。再結成以来Take Thatファン度が以前よりも高まっているものです。

こちらにはマンチェスターでのコンサート記事からお邪魔させてもらっています。私はロンドンのコンサートには行けたのですが、マンチェスターに行ってみたかったので、羨ましいです。

Arctic MonkeysはQ Awardでもひどいことを言ったんですよね。。Take Thatに対しての悪口もひどいとは思いましたけれど、公の席で下品な言い方だったようなので、さらに最悪だと感じた気がします。

Garyは(人への侮辱は)「全部自分にかえってくるよ」的なことを言っていましたが、そうなるかもしれませんね。

本当に、別に嫌いなら嫌いで結構なので、無視していてくれればいいのにと思います。
みどり | URL | 2008/02/02/Sat 02:23[EDIT]
はじめまして!
ロンドン行かれたんですね!
DVDが楽しみですよね~、多分ロンドンの映像じゃないかな~って思ってます。

Gary、そうコメントしていたんですか・・・
仏教には因果応報という思想がありますけど、キリスト教社会にもあるのかな?
TTは大人だから、腹が立っても同じ土俵に乗るることは出来ません。そう思うとFANとしてはもとより、人間としても頭に来ます・・・
特にMarkはロックが好きですから、心中察するとこっちまで辛くなってきます。
あんなこと言われたら、ムッと来ないわけないし、悲しかったと思うから…
ファンまで侮辱されたのと同じですからね。

是非、Brit'sはTTに取って欲しいです。
多くの人に必用とされる音楽を作っている、それだけで素晴らしい事なんですから。

でも、私と同じ思いを持った方が日本にもいて、コメントも下さるなんて、ほんとうに嬉しいです。
ありがとうございます。
是非また、遊びに来て下さいね!!
だみあん | URL | 2008/02/02/Sat 16:40[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Let's 現実逃避. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。