TAKE THAT の話題と UK ROCK(美形限定)、 時々映画など

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「麦の穂をゆらす風」
年末に見た映画です。
アイルランドの独立闘争の事を描いています。

好きなバンドにUK出身が多いと言うこともあり、UKおよびその周辺の歴史には興味がありました。
子供の頃、IRAというテロ組織が英国内でテロ活動をしていた記憶はTVのニュースなどでありましたが、その背景については、まったく無知でした。

この映画を見て、なぜIRAがテロ組織になったのか、わかりました。
もし私がこの渦中にアイルランドの国民として存在していたら、自爆テロに走ったかもしれない…  本当にそう思えてしまうほど、悲惨な歴史があったんですね。

日本もいまだに、中国、韓国、北朝鮮と、完全に和解したとは言えない状況ですが、英国とアイルランドは、700年間も争っていたわけです。
そして、未だ、島の北6州は北アイルランドとして、UKの一部なわけです。
そこでは今も、独立論が盛んに叫ばれています。

Take Thatがヨーロッパツアーを終えてUKに帰ってきた、とBBCでも書かれたベルファストはこの、北アイルランドの首都になります
(ちなみにアイルランドの首都はご存じダブリンです)
そう考えると、何とも不思議な感じがしますが・・・
訂正します。
ヨーロッパツアーから戻ってきたのは、Birminghamでした。まさにUKです。すみません。
ベルファストはツアーの皮切りの都市でした。


主演はキリアン・マーフィー。
映画の舞台であるアイルランドのコーク出身。この映画に対する思い入れも相当なものがあったようです。
実際、彼も身内を英国軍に殺されているそうです。
muginoho-1.jpg  puruto.jpg

右は半年くらい前に見た、キリアン主演の「プルートで朝食を」
自分を捨てた母を捜しにロンドンという大都会へ行く、アイルランドの田舎出身、しかも女装癖のある繊細な青年の役でした。
(右の写真のブロンド美人がキリアン)
今回見た映画と役にすっごいギャップがありますが、本当に才能のある俳優さんだと思います。

最近はスコットランドでもUKからの独立論が高まっている、というニュースを読みました。
ヨーロッパって、複雑なんですね。
ウェールズも英国の一地方のような感じに思ってましたが元は違う国なわけで、ウェールズ出身の人に“イングリッシュ”というと嫌な顔されるそうです。
彼らは“ウェルシュ”なわけですね。
もちろん、スコットランドの人は“スコティッシュ”なわけで。
ということは、私の好きなバンドの一つ、The enemyもウェルシュバンド、という事です
また訂正です。
The Enemyはコヴェントリー出身でした。なぜだか、カーディフ出身だと勘違いしてました。
彼らはイングリッシュバンドです。すみません!
ゴメンね The Enemy!

イギリスへはまた行きたいし、好きな国だから、もっと勉強したいと思いました。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

だみあんさんおはようございます。今年もヨロシクお願いします。
(もう言いましたっけ(笑))

私はメル・ギブソン主演の【ブレイブハート】という映画でイギリスの背景に興味を持ちました。
チャールズ皇太子のように【皇太子】にだけつけられる【プリンス・オブ・ウェールズ】という称号は占領を意味してるんですよね。
重要拠点だからですが…


日本でもサッカーファンの方なら【イングランド】と【イギリス】の違いがわかっていると思いますが普通の人は知らないことですよね。

沖縄も琉球王国だったわけですから…

昔起こった悲劇をわすれることなんて簡単なことではないですが、良い方向にいけたらいいですね。
ゆっこりん | URL | 2008/01/05/Sat 08:17[EDIT]
今年もよろしくお願いします
メルギブソンもいい俳優さんですね。
そうそう、サッカーだと、UKは分かれて出てきますね。オリンピックはthe United Kingdom なんですが。発祥の地だからかな。
Manchesterを中心とするランカシャー(ランカスター家)とLeedsのあるヨークシャー(ヨーク家)はその昔薔薇戦争で争ったわけだけど、今でも、Manchester United とLeeds Unitedの試合はローズダービーって呼ばれてるそうで、因縁深いですよね~。500年以上も前の闘いだっつ~の。
でも、そんな歴史の深さが英国の魅力でもありますよね。

北アイルランドでも、プロテスタントの人は自分たちのことを“British”と呼ぶらしいですから、日本人にが理解するには難しい部分がありますね。
ある意味、単一民族国家で宗教的な争いがほとんどなかった日本は幸せなのかも、と思います。

また英国の理解につながる映画などの情報があったら、教えて下さいね。
「ブレイブハート」まだ見てないので、近いうち見たいと思います。
だみあん | URL | 2008/01/05/Sat 13:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Let's 現実逃避. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。