TAKE THAT の話題と UK ROCK(美形限定)、 時々映画など

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IN ROCK
IN ROCK 2月号
in rock Feb
に、TAKE THATのインタビューがあったので、立ち読みして来ました
(っつか、買えよ・・・)
だってモノクロで2ページじゃ・・・

ハワードが答えてたんだけど、面白かったのは
サーカスのUK盤とユーロ盤で、ボートラが違う事の話題
ユーロ盤のSHE SAID(UK盤はHERE)について、インタビュアーが
「ワインを何本も空けた後のような雰囲気」とかなんとか表現したの。
それについて、
「いつもは一人一人録音するんだけど、この曲はバックコーラスの3人がいっしょにスタジオに入って録った。だからついつい笑いがこみ上げて・・・」
ってな事をハワードが言ってるわけ。
なんか、楽しそうな雰囲気が伝わってくるエピソードだな~って。
本当に仲がいいんだね。
そこもTTの魅力だと思うな。4人を見てるとこっちまで明るくなる感じ。

プロモでパリに行く電車の中でのインタビューだったみたいで、あまり長い内容ではないけど。
パリでも1000人くらいのファンが集まってJasonが囲まれちゃったらしい。
いつものようにゆったり歩いてたのかなぁ・・・
あと、今回のアルバムでのMarkのイニシャティブについても話していた。
Beautiful worldの時のMarkの曲はソロ時代のイメージを引き継いでいたけど、今回のアルバムでかなりPOPになったと。
そして随分Markのアイデアが盛り込まれていると。
実際、彼の作品、本当に仕上がって来たな~って思う。
ソロの3枚目なんかは、ソングライターとして成長してきたな・・・って思っていたけど、前作でステップアップしたかと思ったら、ここにきて一気に開花した感じ。
まだまだ、先に期待が持てるね!

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Let's 現実逃避. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。