TAKE THAT の話題と UK ROCK(美形限定)、 時々映画など

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trans America
「Trans America」を見ました。ひさびさに自分的大当たりでした。
この映画で主役のブリーを演じたフェリシティ・ホフマンはオスカーを受賞しました。
「デスパレートな妻たち」の彼女より、こっちの方が好きだな。
だって素晴らしい演技力だよ。びっくり!

趣味に走った感想。
とにかくKevin Zegers! かっこいい・かわいい!!
家庭環境によって擦れてしまったティンエイジャーをよく演じていました。
男娼をして逮捕されたという10代の家出少年という役どころ

trans_225.jpg
有り金盗まれて身体を売ろうと、ロードサイドレストランのトイレでコナかけてるシーン。
そんな笑顔されたら、すぐかかりますよ
trans_231.jpg
ハイ!成功。 トラックの荷台です。
意外とマッスルな体型なので、ゲイに人気が高いのも納得です。
でもこのシーンの前にブリーと「もうこういう事でお金稼がない」って約束してるんだよね。
だからこれで稼いだお金を(方法は内緒で)ブリーに渡すときの表情が・・・
あ~オバサンには泣けますのです。

toro-b.jpg
かっこいいです。実際の彼はストレートだし、女の子に人気があります~~。

子供の頃から子役として活動していただけあって、演技力は確か。
今後も楽しみな若手です。
“リバー・フェニックスの再来” と言われているようです!

色物的な事ばっかり書きましたが本当にいい映画です。
トランスアメリカというタイトルは意味が深く、この映画を実に良く表現しています。
社会的な問題も含んでいるのだけど、最後は心の中になんともいえない満足感がひろがります。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Let's 現実逃避. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。