TAKE THAT の話題と UK ROCK(美形限定)、 時々映画など

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

muse live in Nagoya
今回ほどダンナに対して怒りを感じたことはない!

もともと、財布を忘れたり定期入れの置き場所を忘れたり、とにかく物の管理能力がない。
海外ではパスポートと航空券は絶対私が持つことにしている。

でも今回は・・・
現地集合になる事を考えて、お互いにチケットを持っていた。
意外と早く仕事が切り上げられたというので、名駅で待ち合わせて一緒にライブ会場に行った。
会場の前で胸ポケットからチケットを出して席番号を確かめていたのはいいが、隣のビルで軽くサンドイッチを食べてた後、チケットを探したら、ないない、と大騒ぎ。
どこに入れたのかと聞いたら、たしか背広の内ポケットに入れたと思った…と言う。
他のポケットを探してもない…じゃ、あの時落としたのか…

当日券の売り場に尋ねたら、電話番号でその席のチケットを買った事は証明できた。が再発行はできないので、当日券があればそれを買って席番号だけ貰えるらしいが、ソールドアウトでそれもできない。
自分のチケットは持っていたが最初から1人で見るつもりならともかく一緒に見るつもりでいたので、ショックで泣けてきた。
私が泣き出したので、当日券売り場に並んでいた3人の男の子のうちの1人が声をかけてきた。
「僕ら3人だけどチケットが1枚しかないんだ…
プレミアで高かったので、定価ってわけにはいかないけど」
1Fのチケットだったけど、売り場の人に尋ねたら「指定席の券なら出せるから2Fには入れます」と言われた。
「ただもし、だれかが拾われていて、そこに人がいたらお客様同士で話し合って下さい」
同じ階に入れればいい。どうせ立ってみるつもりだったから席はどうでも良かった。
もう値段なんてどうでも良かった。ダンナも私が半狂乱しているので、それが納まるのなら、言い値で買うつもりだったようだ。
彼らもあと2枚チケットが出れば3人で見るつもりだったのだろう。ずっと当日券売り場で並んでいたのは知ってる。
私たちと売り場の人のやりとりを聞いていたのだと思う。

彼から買ったチケットでなんとか2人とも入場。
ライブは最高だった
。30年のロック人生の中でも3本の指に入れてもいい素晴らしいライブだった。ブリッツでベストライブアクトを受賞しただけの事はある。
欲を言えば、もう少し曲数が多かったら良かったな。

オチ・・・・・・・・・・・・

ライブの興奮もさめやらぬ気持ちで名鉄の駅へ。
駅のホームでダンナが「あっ…」
背広の内ポケットじゃなく、コートの内ポケットから出てきた

あの男の子がチケットを売ってくれなければ入れなかった。
そう思うと今でもまだ震えがくる。
1人ではいるという事が頭になかった私は泣きながら帰ると叫んでいた。
もし、あきらめて帰っていたら・・あとからチケットが出てきたら・・
今頃、平常心ではいられなかったよ・・・

ダンナが電車の中で私に言った。
「値段なんていくらでもいいって叫んだとき、あなたの人生でこれがどれほど大切な物なのか、少しわかったよ」

1万円落としたと言われても、責める気も何もない。
私にとっては¥6800のチケットの方が何万倍も大切なんです。
二度と、ダンナにチケットを持たせる事は・・・ないな。

スポンサーサイト
Copyright © Let's 現実逃避. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。