TAKE THAT の話題と UK ROCK(美形限定)、 時々映画など

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Invasion
THE INVASION

invasion.jpg

主演:ニコール・キッドマン  ダニエル・クレイグ

原作「INVASION OF THE BODY SNATCHERS」というすでに3度も映画化されているジャックフィニィのSF。
今回で4度目の映画化。
ん? ボディスナッチャーズ? Radiohead にそういうタイトルの曲あったね(最近)


あらすじ
スペースシャトルが墜落したとき地球外生物が付着していた。
その生物に触れると眠っているうちに細胞内に浸食され、人格そのものが変わってしまう。
不用意に触ってしまったCDC職員タッカーも感染してしまう。
タッカーが別れた妻キャロル(キッドマン)は、父親である彼の要求に応えて一人息子オリバーを彼に預ける。
が、その後町中に人格の変わってしまった人が増え、友人医師のベン(クレイグ)とスティーブンとともに、正体を突き止める。
が、タッカーも感染していると気づいた時にはオリバーと連絡が取れなくなっていた。
息子を必死に取り戻そうとする母キャロル・・・

これさ~、面白くなかったわけじゃないけど、ヒネリがなさ過ぎかなー。
「え? で終わり?」って感じ。
息子オリバー役の男の子はめっちゃ!かわいかった!


以下ネタばれ注意報
最後に助けに来るのはやっぱりダニエルにして頂きたかった。
だいたい、キッドマンが必死に眠らないようにがんばっていたのに、なんでそうも簡単に感染しちゃうかな・・・
ダニエルに助けられて、最後タッカーは二次感染でさらに強力になりつつある・・ってなところで終わるとかさ。
なんかもうちょっと引き込んで欲しかったな。
途中もスピード感がないわけじゃないけど、もう少し怖くても良かったと思うし。

この映画で「最も割高な女優」の烙印おされちゃったキッドマン・・・
彼女は頑張ってたと思うよ。俳優に原因があるわけではないのでは。
もう少しダニエル・クレイグの見せ場は欲しかったけどね。
見せ場と言えば
キッドマンのスケスケナイトウエアで透けちゃってるTバックのお尻と、お着替えシーンでしょうか。
だから出演料が高いのかもよ。


あ、キッドマンといえば、彼女が使っているという情報で買った
ANNEMARIE BORLIND のアイクリーム! これすっごく良かった。
今まで高い物ではエスティーローダーのアルティメットとか安価狙いでクリニークも使ったけど、これの方が価格に対して効果がとても満足。
正規輸入品だとちょっと高いけどネットで買うと廉価品並みの値段。
ゲランのオーキデやラプレリーのラディアンスは良さそうだけどちょっと価格が・・・
という人にはすごくいいかも!


スポンサーサイト

超 おバカロック映画
あいかわらず、ジャック・ブラック・・・ そのまんまじゃん・・・

tenaciousd.jpg

予告編見るだけで、面白すぎる・・・

              予告編はコチラで(日本語サブタイトルでますよ)


ロックが好きなら、さらに笑える内容盛りだくさん。
でも、お下劣きわまりないので、栄えあるR-15を見事ゲットしたようです。
「スクールオブロック」のように、子供と一緒に・・・ってなわけにはいかないです。
下品なジョーク満載でも、笑える人は、きっと楽しいよ。
早く公開されないかな~~



LUCKY NUMBER SLEVIN
久しぶりに映画見て、面白かった。2本立てで見ました。(wowowで)

1本目 「LUCKY NUMBER SLEVIN 」

Josh Hartnett
Bruce Willis
Morgan Freeman
Lucy Liu

不運な男Josh扮するSlevin、彼女が他の男とやってる現場を見るわ、友人を訪ねてNYにやってきたらいきなり強盗に殴られて鼻を折るわ、その友人に間違われてマフィアに拉致されとんでもない仕事(殺人)をしろと脅されるわ・・・
本筋は良くできたサスペンスですが、ユーモラスに描いているシーンが多くて、独特の雰囲気がある映画でした。
どんでん返し度もいいです! 面白かった!
でも、殺す相手がホモだから、ちょっと美味しいシーンを期待したんだけど・・・
だってR15指定だしさ~~ブツブツ

でもこれ、Joshファンにはたまらないですよ。カナリ長い時間、裸です。 キラキラ
LNS_josh11.jpg

Lucyの服が変わっていても、まだ裸
LNS_josh6.jpg  LNS_josh7.jpg


エレベーターに乗っても、まだ裸
LNS_josh8.jpg


Morganに会っても、まだ裸
LNS_josh4.jpg


この映画、バックのクロスが派手というか、印象的だった。
上のLucyとのシーンもそうだけど、これも強烈
LNS_cloth.jpg


そして、ひさびさにかっこいいBruce Willis だった。
(16ブロックの時はふくらんだオヤジだったからなぁ・・・)
LNS_bruce1.jpg



2本立てで見たと書きましたが、もう1本はこれなんで・・・

gamera.gif



感想は、やめときます。(でも好きなのよ)





Trans America
「Trans America」を見ました。ひさびさに自分的大当たりでした。
この映画で主役のブリーを演じたフェリシティ・ホフマンはオスカーを受賞しました。
「デスパレートな妻たち」の彼女より、こっちの方が好きだな。
だって素晴らしい演技力だよ。びっくり!

趣味に走った感想。
とにかくKevin Zegers! かっこいい・かわいい!!
家庭環境によって擦れてしまったティンエイジャーをよく演じていました。
男娼をして逮捕されたという10代の家出少年という役どころ

trans_225.jpg
有り金盗まれて身体を売ろうと、ロードサイドレストランのトイレでコナかけてるシーン。
そんな笑顔されたら、すぐかかりますよ
trans_231.jpg
ハイ!成功。 トラックの荷台です。
意外とマッスルな体型なので、ゲイに人気が高いのも納得です。
でもこのシーンの前にブリーと「もうこういう事でお金稼がない」って約束してるんだよね。
だからこれで稼いだお金を(方法は内緒で)ブリーに渡すときの表情が・・・
あ~オバサンには泣けますのです。

toro-b.jpg
かっこいいです。実際の彼はストレートだし、女の子に人気があります~~。

子供の頃から子役として活動していただけあって、演技力は確か。
今後も楽しみな若手です。
“リバー・フェニックスの再来” と言われているようです!

色物的な事ばっかり書きましたが本当にいい映画です。
トランスアメリカというタイトルは意味が深く、この映画を実に良く表現しています。
社会的な問題も含んでいるのだけど、最後は心の中になんともいえない満足感がひろがります。


Copyright © Let's 現実逃避. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。